エレクトロニカ、ノイズ、テクノ、、、のつもりだったけど、、

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Soundtrack To Murder / KIMONOS

LEO今井とZAZEN BOYSの向井秀徳を中心としたユニットKimonos。MTVのampで見て気になっていたら、フジロックの放送でも見かけて、さらに気になったのでチェックしてみた。とりあえず「カッコいい」だけでは済まされない良さがある。曲はコンパクトで、Aメロからサビへの展開とか結構唐突な感じ、、、「だがそれがいい」。テレビじゃわかりにくかったのだけど、ドラムやベース、その他目立たない部分もシンプルで無駄無く、よくできていてカッコいい(結局それか)。

で、このドラム、やはりフジロックで、日本人の女の子がベース弾きながらヘンテコな歌をうたっていてこれまたかなり気になっているDearhoof(ディアフーフ)というバンドのドラマー、グレッグ・ソーニアという人が叩いているらしく、ますます興味津々。しかもこの人、レコードの評価は「スネアのタイトさできまる」というようなことを言っていて、ますます好感度UP。でもフジロックでは一緒にやっておらず、別の人がドラムを叩いていた。(だがそれもいい)。

最近無精になってきて、以前のようにレコード屋で情報を得るということがなくなってきたのだけど、こういう発見ができるテレビっていうのも、なかなか捨てた物ではないですな。



 
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。